NZ釣りばっか旅2nd 6.釣り初日は苦戦する

朝7時に起床。まだ眠たい、これは時差ボケなんだろうな。青山さんとデイビット宅へ向かう途中で虹が見え始めた。どんどん鮮やかに、今日の釣り場の麓だ。暖かいし良いことあるぞとワクワクする。
僕が夢に見た場所の対岸の釣り。到着しするとライズがボコボコだった。いきなり興奮する。最初はすっぽ抜け。まあ、仕方がない。次は合わせ切れ。ライズが落ち着いたので、昼にした。今日はスーパーのサンドイッチとコーヒー。スプーキーな魚に対して、ちょっとヘビーな仕掛けかもしれない。と青山さんも合わせ切れしているので、車まで帰り番手を下げて待つが14時から始まる筈のライズが始まらない。15時過ぎになんとか小さなサイズであろうが久しぶりのライズを見つけて取り込む。マタウラサイズならばSSサイズではあるが最初の1匹。内径49.5cmのネットはデカすぎる。メジャーも当てないが30cmだな。しばらくして、立木の反対側でライズがあり、少し強引にライズを取ったが、木に引っかかるのが嫌で下流に走られるのを変えるためロッド操作したらポンと外れてしまった。今日はこれが全てだったな。今日の青山さんは全て合わせ切れしたそうだ。こんな日もある。僕は疫病神だろうか。
今日の反省は、谷田川さんが立て続けに数匹釣ったのを素直に喜べなかった事。自分の釣りができなかったこと。「アウトドア・ライフは、スポーツではない。人と人が技を競い合う世界ではないのだ」とJFF創立者の芦澤さんも言っているではないか。せっかくのこの自然を楽しみ、ライズがあろうが、なかろうが、釣れても、釣れなくても先ずは楽しもうと反省するのであった。
マタウラの朝は7時でまだ暗い。
a0215155_20432548.jpg

虹の麓で釣りをするのだ。
a0215155_20462155.jpg

マタウラ川の洗礼。だんだん良くなるハズ。
a0215155_20484232.jpg

晩ご飯はデイビット宅で自炊したが、ホテルに戻り少し飲もうとしてつまみのラムチョップが発音悪くて
ランプステーキになってしまった。
a0215155_20533574.jpg

[PR]
by maribupapa | 2017-04-23 20:53 | 釣行