梅雨時のホームリバー

梅雨の合間を縫うように川へ向かう。こんな日は、釣り人が少なくて良い釣りが出来るんじゃないかと、期待はふくらむ。川に入ると新しい足跡が有るが、今朝のとは…。思いたくない。
退渓点で、テンカラ2名に会う。彼らの後を釣っていたのだ。
a0215155_14290858.jpeg
難しい場所で、出てくれたヤマメ。案内人の僕としては嬉しい1ひき



続きはこちら
[PR]
by maribupapa | 2016-06-26 14:16 | 釣行

フライフィッシング体験

フライフィッシング体験したい会社の後輩2人をホームリバーに良い時期に連れて行く事ができた。1人は3年前の秋、インターンシップで来ていた時に一度紅葉の日光とキャンプ、フライフィッシング体験をした事がある。
フライフィッシングを、若い世代がしない理由の一つとして、アウトドア遊びを伝える雑誌が減っている事が有るのではないか。フライフィッシングを体験したいと思う若手は多く、良い時期に僕らフライフィッシャーは自分の釣りを諦めてサポートに回る事が出来るのかやってみた。
a0215155_06081973.jpg

ピックアップ&ダウンだけで釣らせてみたがフライが思うように飛ばず大変。
a0215155_06081948.jpg

夕方堰堤の上からライズを狙う。
a0215155_06082075.jpg

ライズしている所までなかなか届かない
a0215155_06082023.jpg

ライズはまだ続いている
a0215155_06082044.jpg

そろそろ諦めよう
a0215155_06082163.jpg

魚を串に刺すのは初めての経験
a0215155_06082108.jpg

頂きます
a0215155_06082105.jpg

今夜は明るい月の下で眠る
a0215155_06082260.jpg

反省を込めてキャス練
a0215155_06082291.jpg

ライズを見ると練習を忘れる。時間が掛かるね。



[PR]
by maribupapa | 2016-06-19 20:41 | 釣行

ホームリバーにて

3週間の遠征を終えて久しぶりに、ホームリバーで釣りをする事が出来た。雨が降らず渇水が気になるところだが、11時先行者の後を追う釣り上がりでも、魚の活性が高く楽しい釣りをする事が出来た。2日目は、更に大物を期待して初日の脱渓点よりも上流まで林道を歩き川に入ったがまったく反応がない。先行者が直前にいるのか?釣り始めて20分程すると、モンブランが吠えるので、熊かと振り返ると背後からフライフィッシャーが釣りあがってきた。お互いに状況を確認し、後からのフライフィッシャーは、脱渓して引き返す事に。ここまで1時間以上車停めから林道を歩き川に入っているのを知っているので気が引ける。バンブーロッドを持ち良い歳を重ねた雰囲気の有るフライフィッシャーだった。3人で釣り上がるには、今日の活性と規模では無理な事をお互い知っている。良い釣りをと挨拶し別れた。上流部は昨日テンカラの知り合いが尺上を2つ上げていて大物が釣れた事を聞いている。川で会ったフライフィッシャーも大物が多いと同じ事を言っていた。結局、良い場所からは魚が出ず、浅瀬の岩に付いていた泣き尺岩魚を3尾釣り終えた結果となった。昨日の活性から何があったのだろうか、欲を出すとロクな事が無いなぁと思いながら帰路についた。
a0215155_08043204.jpeg
キャンプの定番カレー。常連さんの昨夜うちで作った2日目カレーと俺のグリーンカレー。これからの季節夏野菜のカレーも良いかもしれない。
a0215155_08392379.jpeg
キャンプ場のオーナーが釣り上げた岩魚を塩焼きにして夏障害児キャンプの下見に来たボランティアにプレゼントしていた。4時間掛けて焼き枯らしにする。スローフードだね。

[PR]
by maribupapa | 2016-06-13 08:02 | 釣行

遠野の集まりに参加して

毎年、この時期には岩手で集まりが開催される。この集まりは、芦沢さんがフライフィッシングの初心者を教える為に基礎を関東の管理釣り場で行い、実践を遠野の地で行った催しを村田さんが引継ぎ行っているもの。もうすぐ20年になり、集まるメンバーも同窓会になっている。今年は岩手も季節が早く進み、夏の気配が濃厚な岩魚釣りを楽しむ事が出来た。
a0215155_14474223.jpeg
出発の朝、全員集合写真



続きはこちら
[PR]
by maribupapa | 2016-06-05 14:39 | 釣行