釣りは今日で最後。朝から二人とも下痢に悩まされる。羊の脂を食べ過ぎたのだ。湿度が高くてタープやテントもビッショリ濡れているので撤収の準備も手間取り、バタバタの出発となってしまった。ラヂヲからクラッシックが流れていたのが唯一の安らぎ。
釣り場までキャンプ場から1時間走る。最初に見た橋からダムのインレット18kmが釣りの区間と教えてもらったが、入る場所が限られ、クマも多い地域。大きな川なので釣り上りができないのでポイントの拾い釣りになる。
川が見える所から70センチはあろうかと思うデカイレインボーが沈んでいるのを見つけた。
a0215155_06511748.jpeg
見えるかな?写真真ん中あたりに写ってますが。
a0215155_614456.jpg

鱒や主人の釣り姿。クマが出る場所。
a0215155_614536.jpg

対岸きわにライズを見つけた。1キャスト目でフライにゆっくり出た。合わせるタイミングが早すぎてフライにヒットすることはなかった。一部始終を見ていた鱒や主人も「早すぎるよ」と残念がる。この後鱒や主人も狙い、フライを変えたりしてみたが、二度とライズもフライに出ることもなかった。この旅一番の失敗。この魚はこれから、僕の頭でライズを何度も繰り返すのだろうな。
この後、次のポイントへ車で移動中に前を走る鱒や主人の車を見失ってしまった。最初のポイントから、海まで5往復したが見つからず。釣りどころではなくなってしまった。
a0215155_6224017.jpg

夕方、最初に教えて貰った入渓点で車を道路沿いにおいて最後の釣りをすることにした。小さいライズを見つけた。今度はとることができた。サイズは小さいが嬉しい1匹。これで僕の釣りは終了となった。


続きはこちらで
[PR]
by maribupapa | 2016-09-30 05:55 | 釣行

今日からは鱒やの主人と道北の川を釣りに行くことになった。初日は美深の道の駅にあるキャンプ場にして、天塩川を3時間程度釣りした。5時閉店の羊肉専門店に行くには2時間程度の釣り上りとなるので橋1つ分を釣り上がることにした。有名な河川だけあり、深場のポイントには大きな魚が見ることができたがドライに反応するのは30センチのレインボーとアメマスのみであった。しかも川に入りすぐのポイントでアメマスは溜まっており5匹以上鱒や主人が釣ったがその場所以降は、たたいても、たたいても、反応無し。どうしてあの場所だけ反応があったのか?不思議な状況だ。これも釣り。今日は坊主だ。
a0215155_5322544.jpg

鱒や主人の1匹目。今日の釣りに大いに期待した瞬間
a0215155_534239.jpg

この後が続かない。
そそくさと着替え、名寄の街まで走る。有名な羊肉専門店があるのだ。
a0215155_5361554.jpg

脱渓点の景色。今日もよく移動で走った。これからも走る。
a0215155_538952.jpg

名寄の駅前商店街。
a0215155_540153.jpg

羊肉専門店。
a0215155_5421771.jpg

羊肉が並ぶ。オーストラリアワインも豊富。

続きはこちらで
[PR]
by maribupapa | 2016-09-29 22:26 | 釣行

16年モン旅北海道9日目

今日は同じ新得の宿に泊まったJFF仲間と釣りをすることになり、またまた足寄の街近くの昨年釣りをした川を釣行した。昨年は大水の後でなかなか反応が悪かったが今年は、真っ平らな川になってしまい、河原を歩くのはとても楽だったが、3Km歩いてポイントは5つほど。なかなか厳しい釣りだった。
a0215155_18362659.jpg

新得のお宿たけ。なかなか気さくなおやぢがやっている宿だった。
a0215155_18183236.jpg

うーむ、ポイントまで遠い。今日は遠足だな。
a0215155_181948100.jpg

友人が良いポイントで結果を出した。
a0215155_18205565.jpg

はい、ニコパチ。今日は良いガイドができた。
a0215155_1822847.jpg

僕の今日イチ。最近は坊主回避ばかりだ(笑)
a0215155_18235251.jpg

このポイントは良かった。友人が2つよいサイズを出した。
a0215155_18251342.jpg

台風の傷跡。汲水塔が倒れていた。去年良い釣りをした場所なのに残念。
[PR]
by maribupapa | 2016-09-28 18:27 | 釣行

16年モン旅北海道8日目

今日は十勝のアニキと釣りをした。新得のアニキは、台風以来この2ヶ月釣りをしていなかった。断水の時は近所の方に水を配り、本州から来る釣り人の問い合わせにも答え、大変な日々を過ごされたことだろう。まさか、一緒に釣りができるとは思っていなかったので、十勝でドライで釣りができて、10センチでも釣れたならトロフィーだ。十勝方面は先日の台風の被害が多く、橋を越えるたびに河川の状況が見え、何年かかるのだろうかと傷跡を見て思う。最近、僕の釣りは十勝本流のライズに的を絞り準備し、キャストの練習をしてきた。何年かかっても、また先輩とこの川で魚釣りが出来ることを願う。
a0215155_22143644.jpg

広大な牧場が広がる。十勝に来たと思う時。
a0215155_22181484.jpg

遠くに山脈が見える。この風景が好きだ。
a0215155_22204728.jpg

遅めの朝ごはん。普通盛りでも厳しくなった。連日の暴飲暴食のせいだな。
a0215155_22234044.jpg

先輩に案内してもらい、初みしな。このスパカツ最高だ。

続きはこちらで
[PR]
by maribupapa | 2016-09-27 22:47 | 釣行

16年モン旅北海道7日目

朝から、豚串の塩ラーメンを作る。昨夜店がなければ主食となるはずの食材。
a0215155_519482.jpg

想像できる味で旨い。街から近いところに入ったが水が多すぎて、魚がいない。
a0215155_09185408.jpeg
上流から入り直したら反応があり、楽しむことができた。今日はライズがあり、ライズの釣りを楽しむことができた。
a0215155_5222890.jpg

アベレージはこれくらい。
a0215155_5243478.jpg

夜は足寄の羊。

[PR]
by maribupapa | 2016-09-26 05:16 | 釣行

16年モン旅北海道6日目

a0215155_4554749.jpg

別れ際の一枚実は、とても疲れているのだった。

博士との旅も今日で終わりだ。釧路に帰る博士に近い川を選択する。脱渓点に会社のバンが一台止まっている。中を覗くとバッカンがある。釣り人だろう。さてさてどうしようか。釣り上りを期待して、下流から入る事にした。川に入った途端に魚の反応があり、今日は楽しい釣りができそうだと2人でどんどん釣りあがる。ところが、モンブランが吠えた方向を見ると、ルアーの釣り人が降りてきた。挨拶すると釣り下って来たそうだ。まあ、ルアーだからとそのまま釣りあがる。歩いても、歩いても、釣れなくなった。脱渓点に到着した。川には倒木が沢山あり、川歩きに疲れ、釣れないから余計に疲れているのだ。でも、もう少し上まで釣りすることにした。やはり、釣れなかったのは、ルアーフィッシャーマンのせいだ。ここからポイントには必ず反応があった。
a0215155_4582812.jpg

博士のニコパチ久しぶりに釣れた。疲れた。
a0215155_50534.jpg

実は大したサイズではないが楽しんだ。釣れると嬉しい。
a0215155_523517.jpg

まあアベレージはこんな感じ。
博士と別れて日本で一番寒い町、りくべつに向かう。外したか?全く店がない。
a0215155_55956.jpg

唯一やっていた寿司屋で一人乾杯をする。
[PR]
by maribupapa | 2016-09-25 04:38 | 釣行

16年モン旅北海道5日目

今日は釧路の博士が復活。8時に鱒やに来てどこに行くか打ち合わせ。病み上がりなのでダムのインレットで羊を食べながらマッタリに決定。宿屋の主人が羊肉その他食材を届けてくれる至れり尽くせりのサービスなのだが、これが落とし穴であったのは後で気づく。去年はダムにランクルごと落ちそうになった思い出の場所。今年は無事に到着し、タープを張り、テーブルをセットし炭火を準備する。
a0215155_6281292.jpg

インレットには魚が入り込み40オーバーのレインボーがときおりライズをする。最初に博士のフライに出たが合わせが早くすっぽ抜け。痛恨のミス、本人いわく「サッカーでゴールキーパーをかわしシュートしたら枠にはまらず」の状況と説明したが、俺は「シュートを空振りした状況」だと思う(笑)残念だった。
昼過ぎに宿屋の主人が到着し、羊を食べる。
a0215155_629511.jpg

その間、ずっとライズしている場所があった。僕らが羊を食べている間に、準備を済ませ、釣りを始める宿屋主人。はたして、ライズを取ってしまった。あなたのフライはなんですか?ラバーレッグ付きのフォームビートルだった。活性が良かったのは15時まで。その後モンが山に向かって走り吠え出す。ちょっと怖い雰囲気。
a0215155_6313533.jpg

とても気持ちがいいデイキャンプをしに来たと思おう。楽しかった。博士は足場の悪いところに50オーバーのレインボーがたむろしているのを見つけて、小一時間試す。落ちたら助けられないなあと見ていたが何も起こらず、諦めたようだ。良かった、良かった。坊主は嫌なので、目の前でライズを繰り返すチビを釣って終了した。
a0215155_642251.jpg

宿に戻り反省会。明日からは行き先が決まっていない旅が続く。
[PR]
by maribupapa | 2016-09-24 23:45 | 釣行

16年モン旅北海道4日目

a0215155_07411913.jpeg
鱒やの朝食。牛乳はとなりの農家から。美味しい。今日は朝からかなり雨が降っている。雨の中釣れる川があるかと探し回る。
a0215155_6491232.jpg

澄んだ流れが川に入った途端、カフェオレに。無理せずのんびりと川めぐりにしよう。

収穫は、山中商店というカオスな雑貨屋。入り口のドアを開けるとワインの箱で前に進めないほどワインが売られている。1万5千本だという。美味しいワインを1本選んでもらった。
a0215155_6411014.jpg

ダンボールだらけの店内。
a0215155_6422995.jpg

この棚は、値段とお勧め順に並んでいると自慢される。話好きな店主に付き合うとあっという間に小一時間が過ぎた。この辺に何か美味しい食堂がないか聞くと、この町には1軒しか食堂がないと言われる。行き当たりばったり旅の良いところだ。もちろん、突入。
a0215155_64650100.jpg

この町1軒の食堂。

a0215155_648155.jpg

ザンギ定食1000円、地元の牛乳をサービスしてくれて美味しかった。
[PR]
by maribupapa | 2016-09-23 06:36 | 釣行

16年モン旅北海道3日目

翌日は、僕のキャスティングを見て太平洋側で鮭を追って鉄頭が上がるのを遠目から釣る釣りを紹介したいと申し出があり、朝5時起きで向かった。最近睡眠不足でかなり辛い(笑)セコマでおにぎりを買う。
a0215155_07385289.jpeg
本当に素晴らしいおにぎりだ。幸せ。

結論から言うとでかいニジマスは鮭のいくらを目当てに海から数十mのところからいたが、ドライフライには見向きもしてくれなかった。たまに反射的に出るのもいるらしい。風が吹くと上を見ていたようだが奇跡は起きなかった。友人はエッグフライで誘うが無反応。本物の前には惨敗だ。
a0215155_633131.jpg

ほっちゃれ。この生命力に感動する。
a0215155_07395518.jpeg
長万部の駅でかにめし弁当を買って食べた。困ったもんだ。これも普通、セコマのおにぎりの方が感動する僕はグルメガイドになれないわ。13時に喜茂別の友人宅へ送り、翌日から魚博士と待ち合わせする弟子屈に走る。鱒やの主人は19時までに間に合えば夕食の準備ができると親切に連絡が入り、またタイムトライアルのような運転を行う。
a0215155_6352732.jpg

そのトロフィーは釣り客との会話付きの美味しい食事だった。ごちそうさま

[PR]
by maribupapa | 2016-09-22 06:19 | 釣行

16年モン旅北海道2日目

予定通り朝6時に函館港に到着した。乗用車は2台。あっという間に出番が回ってくる。カーナビがまだ青森港のままだ。下船後しばらくはカーナビが使えずに苦労した。数百メートルかな。さて、朝市で食事をしようと見に行く。朝から観光客が押し寄せている。いくらうに丼を注文した。美味しいが、俺の味覚がおかしいのかいたって普通。感動のない俺、味噌汁の方が美味しかった。踊り丼というイカの足が動く丼をみんな注文していた。変なの。多分店の選択を間違えたんだろうな。僕のメインカメラはフジだがISOの設定を間違えてしばらく使っていたため、画像が荒い。前回のキャンプ場で星空を撮ろうと設定したままになっていた。困ったもんだ。
a0215155_5564034.jpg

もうすぐ入港
a0215155_5575533.jpg

朝市
a0215155_559316.jpg

いくらうに丼
a0215155_611531.jpg

ランクルも良く670Km頑張った。良い車だ(笑)

後半に続く(続きはこちら)
[PR]
by maribupapa | 2016-09-21 05:45 | 釣行