芦澤さんの回顧展

僕がフライの釣りを始めた頃、芦澤さんはアウトドアなどの雑誌でアメリカの釣りを紹介されていたが、あまり興味が無かった。アメリカは遠く、子育ての真っ最中で、仕事も忙しく、釣りに行ける自由は月に1日程度だったから憧れる現実味も無かったからだ。あれから20年以上もの歳月が経った。岩手で村田さんに会い、JFFに入る事になって、創設者である芦澤さんの思い出を村田さんをはじめ倶楽部の色々な方から教えて頂いた。今年はAさんから、富山の川で芦澤さんがお気に入りのポイントが有り、ヤマメを1匹釣ったら綺麗なヤマメだねと喜びその日の釣りをその1匹で満足してやめた事。岩手でも。Nさんから芦澤さんの好きな場所で釣りをする事が出来た。JFFでは芦澤さんはまだ、生き続けている。いつも語り継がれているからだ。今回の展示を見て、生前の芦澤さんを知っている人が忘れない限り生きていると強く感じた。人は2度旅立つ。1度目の旅立ちは肉体が滅びた時。2度目は、故人を思い出す人が誰も居なくなった時。その時は天国の川で仲間とまた釣りをしようではないか!三途の川ではなくて、ヘンリーズフォークで。
Mさん展示のコーディネイト、美味しいラーメン屋を教えてくれてありがとう。来て良かった。良い回顧展でした。JFFが芦澤さんの描いた倶楽部となりますように。
a0215155_223499.jpg




a0215155_225392.jpg

絵心のある人だったのだな。上手だ。
a0215155_2281683.jpg

俺の知ってる川だ。芦澤さんが好きな川を大切にしている仲間がいるからだ。
a0215155_22104599.jpg

著書が並ぶ、意外と読んでいない本が多い。探す楽しみができた
a0215155_22132923.jpg

この流れに立ちたい
a0215155_22135189.jpg

このオシャレなベストはオークション品?嘘です。Mさんの貸し出し品
a0215155_22171913.jpg

バビーン川でスティールヘッドを掛けた竿
a0215155_2218271.jpg

昨日に引き続き野辺山清里を越えて回顧展に足を運んだ仲間達
a0215155_22235150.jpg

回顧展の為に岩手の村田さんからもエッセイが届いていた。
a0215155_22244668.jpg

Kさんの魚達。回顧展に来た人にサービスかな?あと7名様ですね(笑)
[PR]
by maribupapa | 2014-10-05 22:29 | フライフィッシング