NZ釣りばっか旅 3.ガイドハウスとイブニング

あたり一面牧草地から少し街が見えた所で、インバーカーギル(イギリスの発音ではインバカーゴと聞こえる)にプロペラ機がふわりと着陸した。強い風が吹いている。気温も低そうだ。今日一日かけて南の端にようやく着いた。飛行機から降りると、空港ビルのゲートまで歩き、その先には迎えに来た人が数名。大柄の男が真っ直ぐに笑顔ででこちらを見ている。ガイドのディビッドだ。さっそく、挨拶と握手を交わし、荷物を取りに行こうとビルの外に出る。預け荷物は掘っ立て小屋から出てくるらしい。無事に荷物が出てきた時は「これで万全な釣りができる」とホットした。ディビッドに、レンタカー屋に寄るように依頼すると、明日から3日間ガイドで要らないのにもうレンタカーを借りたのか?と聴かれた。ごもっともであるが、また空港まで来るのはもったいないしネットで既に予約している旨を伝え、レンタカー屋に連れて行ってもらう。
a0215155_2124964.jpg

ところが、レンタカー屋は留守で10分待て空港に行っていると張り紙がしてある。まさか、僕らを迎えに空港まで行っているのではないか?ディビットはレンタカー屋を探しに空港に戻ると、またまたすれ違いで、レンタカー屋が戻ってきた。「なんで、空港で待っていない、どうやって来たんだ?」と荒れた口調。「僕らは釣りをするのでガイドに空港まで迎えに来てもらったんだ」と伝えると、「そうか、仕方が無いな。では前金で全額払え」との事で、払うと、返しに来る1月3日は日曜日なので休みだから、空港の駐車場に入れて、駐車場券と鍵をボックスに入れてインロックしておいてくれと言う。
まさかの信用取引に意味が分からず、ディビットにも、聴いてもらったら、その通りで、駐車場を見に行き、ここに車を置いていけと指示。日本ではありえないが、これが、このインバーカーゴのルールなんだろうと思う事にした



さっそく、Jさんが運転し、ディビットの後をついて、マタウラのハウスまで向かう。
やはり、信号の無い交差点は最初とまどうが、通行量も少ないので心配するほどではなかった。5分もすると、牧草地となり、北海道のような風景が広がる。Jさんと北海道のようだねと、気分が良くなる。
a0215155_21254491.jpg

北海道のような広大な景色
40分程、走り幹線道路から、右に曲がり丘に向かって未舗装を走った先にディビットさんのハウスがあった。
手入れされたイングリッシュガーデンに囲まれた素敵な家で、ディビットの趣味のプラモデル&フライタイイングルームなど、僕らのゲストハウスも含めて家の中を案内してもらう。
a0215155_21264354.jpg

ディビッドの仕事部屋
a0215155_21273369.jpg

趣味のプロペラ機がいっぱい
a0215155_213031100.jpg

ディビッドとベブ
a0215155_21313730.jpg

キレイな庭
a0215155_21323287.jpg

イングリッシュガーデン

ゲストハウスには贅沢だけど、3泊しそれまでに、自分達で好きな所に行けるようになる計画である。ここまでの道のりがまったく分からず、事前に地図を入手してこなかったことが失敗だったなと思う。デイビットにマタウラ川のアクセスマップをもらうディビットハウスの場所を聴いたが。これでは、道が無い(笑)そうこうする間に、18時となり夕食となった。
この日の夕食は、サーモンステーキと、サーモンヒレのスモーク、コールスローと蒸かしイモ、ビールと白ワインを頂く。冷蔵庫の酒は自由に飲んで良いと言われる。少し幸せだ。ディビットの奥さんのベブさんはとても料理が上手だ。また、味付けも良く健康に良い。(甘いケーキ沢山が無ければ)
a0215155_22491526.jpg
ディビッドが、食事の後ウェイダーを着て釣りに出掛けようと言う。19時を過ぎた時間だが充分に明るい。ベストに、フライボックスを詰め、5番の竿とリールを持ち釣り場へと出発した。
釣り場は、ディビッドのうちから15分程の場所で、川に出る為にはゲートをくぐり、ピリッとくる柵と有刺鉄線を跨いで行かなければならない。川幅は、対岸まで20m。この日は寒く強い風が吹いていた。風裏にはなる場所らしい。
静かなライズがアチコチに始まっていた。
岸寄りの浅い所で動き回るブラウンは良く見える。40センチ位の魚がライズを繰り返している。流れの中心には、バブルラインがあり、そこは1m程の深さがあり定位したブラウンがライズを繰り返しているようだ。
簡単に釣れそうだと、手前のライズを狙うが、フライを落とすと、ライズが止まる。
簡単にはバイトしない事が分かり、立ち位置、流し方、フライ先行など、試してようやくヒットさせたが、掛が浅く直ぐにバレた。
Jさんも2匹掛けて、バレている。
そうこうするうちに22時となり、終了となった。ディビッドは、僕等の腕が分かり、ブラウンはスィッチが入らずスプーキーだったね。それでもバイトさせたから、明日は日中ニンフの釣りと思っていたけどドライで釣りしましょう。今夜は、条件が悪い。明日は良いね。明後日はもっと良い。段々良くなる。と慰めてくれた。さすが名ガイドだ。僕等にプレッシャーをかけずにドンと構えている。頼もしい。

a0215155_21444334.jpg

イブニング夜の22時
[PR]
by maribupapa | 2015-12-24 23:59 | 釣行