NZ釣りばっか旅2nd 11.6日目ガイド2日目は大荒れ天気

今日は暴風の予想が天気予報でわかっていたが、朝は穏やかな晴天の日でディビット宅で食事を取る間はそんなに暴風になるのかな?と思っていた。行きの車の中でディビットがもちろんカッパは持ってきているよね、あの雲は大雨の雲だよと言うのを聞いて、確かに雲が多くなってきたなと思う程度で釣り場に着いた。最初、遠めのライズがあり青山さんがすんなりと掛けたが、またバラした辺りで急に雲が多くなり暴風になり、次第に暴風雨となった。もちろん、ライズは無い。しばらく、もしかしたら今日は釣りができなくなるなあと思い、駆け上がりのポイントで待ち時間にニンフをして見たがマーカーが絞り込まれる事は無かった。デイビットが言うには、風向きは悪く無いが予想以上の暴風なので場所を変わると言う。暴風の中、川を渡るのはなかなか怖かった。デイビットは前のお客様に風邪をうつされたようで、体調が悪くこの悪天候でこちらが心配する状況だ。
a0215155_19105547.jpg

場所を変えると、すぐに谷田川さんのレンタカーが見えた。この状況で釣りをされているのはすごいなと思った。デイビットが言うにはあのポイントは風裏になっているそうだ。僕らは、暴風の中、新たなポイントに向かう。いつものごとく牧場の中をウンチを踏みながら、崖を登り、降りしてたどり着いた。素晴らしい、崖に囲まれて風裏になっていた。水面は鏡で波が立っていないのは良いが、ライズは全く無い。13時過ぎても単発のライズしかなくて今日はダメかな?と思いだした14時ごろ、ライズがいきなり始まった。ライズの場所は、対岸際の遠投が必要な場所で風裏とはいえ、風の影響は受けてフライが押し戻される。リーチキャストで、フライ先行になるように工夫しながらようやく魚に対して反応を見ることができた。時間にして20分程度であったが、最初に2つバラし、1つは、6xの結び目が切れて。もう1つは珍しく4xのティペットの結び目から切れた。(2匹ともファーストランにやられた)
最後にゆっくりと顔を出す魚に合わせることができて、またシーランであったので、走られる、寄らない、力強いジャンプを繰り返すをやられ、ヒヤヒヤしながらもなんとかネットインすることができた。
a0215155_1912541.jpg

デイビットが撮ってくれた写真
a0215155_19135056.jpg


[PR]
by maribupapa | 2017-04-28 19:17 | 釣行